totonon

 私たちの活動理念 

私たちの活動理念

ととのんは、物言わぬ保護犬達の痛みや痒み等の苦痛を一刻も早く取り除き、
1日も早く安住の地である里親様に導く活動を心掛けています。

里親様を決めさせていただく基準は「譲渡について」でご確認ください。
譲渡される子のほとんどが過酷な環境下で生活していた子であることを、ご理解くださる方に託させていただきます。

私たちは保護犬達を一刻も早く終の棲家(本当のおうち)である素敵な里親様の元で暮らせるよう
譲渡の時期について里親様のご希望を極力お聞きしております。

「里親様に託したらそれで終わり」ではなく託させていただいた後も、
ととのんの活動に参加している獣医師・動物看護士・トリマー・トレーナー・ペットシッターさん方々が
里親様からのご相談を受け、「里親様と二人三脚で保護犬を幸せに導けること」を常に考えて活動しています。

疾患を抱えている子につきましても出来る限りの手術や治療を施し、
ご理解くださる里親様にバトンタッチして幸せに導けるよう心がけています。

最近、動物愛護法が改正された為、廃業したり規模縮小をしている繁殖業者(ブリーダーさんや、犬屋)が増えています。
特に、まだ子犬を産む事が出来る3才~5才位までの女の子達は、
廃業したり規模を縮小する繁殖業者が、少しでも収入増やそうとして
その子達を他の繁殖業者に転売をする事が少なくありません。

そうやって業者同士でやり取りした子達は、新しい繁殖業者の元で酷使されてしまいます。
当団体には、その様な情報が多く寄せられますので頂いた情報を元に1つでも多くの命を過酷な環境から救い出せる様に
動物愛護法に基づき、繁殖業者に働き掛け活動しています。
(根治しなければ同じことの繰り返しになりますからね。)

その位の年齢の子達であれば重篤な疾患を抱えていなかったり、
皮膚炎等を発症していても比較的早期に対応でき完治までの時間が短く済むので幸せにして下さる里親様に
早期に託させて頂く事が出来ます。

もちろん、
シニアの子や先天性疾患を抱えているワンコ達も、
上記のワンコ達と分け隔てなく保護を行っています。