totonon

 譲渡について 

動物保護団体ととのんでは、国内の動物愛護団体・ボランティア団体・個人ボランティアさん方々とは違う
独自の譲渡基準・譲渡方法で保護ワンコ達を素敵な里親様に託させて頂いております。


長い文章ですが必ずお読みくださいね。

☆小さなお子様がいらっしゃるご家庭の方への譲渡・・・
親御さんがきちんとお子様とワンコとの信頼関係をワンコとお子様に教育して下されば保護ワンコを託させて頂いております。
(もちろん保護ワンコの性格や気性でどうしてもNGな場合はありますが)
ほとんどのワンコはきちんとした知識を持って接すれば、小さなお子様ともきちんとした関係が築けるからです。

☆お留守番の長時間のご家庭や単身者の方への譲渡・・・
子犬を除きますが、社会人としてフルタイムで働かれている方も立派な愛犬家として保護ワンコの飼い主さんになって頂けます。
お留守番の際に問題になるのが、給餌・給水・お留守番中の不測の事故です。
それらの問題がクリア出来れば、フルタイムでお仕事をなさっている方でもワンコとの生活をエンジョイして頂けると考えています。
当団体は、それらの問題がクリア出来る様に里親条件を満たされている方にはアドバイス・ご指導・助言を申し上げておりますので、
ご安心下さい。

☆遠方にお住いの方への譲渡・・・
保護ワンコを終生幸せにして下さる方であれば基本的に全国の方に保護ワンコを託させて頂いております。
今までで遠方に約400の掛け替えのない子達が巣立っていきましたが、温かい里親様のお陰で幸せになっています。
譲渡地方に拘りすぎて、何か月間も保護状態が続く事を思えば一日も早くワンコ達の「終の棲家」である里親様の元に送り出す事がベターだと考えています。

☆ご高齢?の方への譲渡・・・
ご高齢の方のみの世帯の方が里親希望されるとお断りされてしまったり、身元保証人をお願いされたりするケースが多いかと思います。 しかし当団体では、高齢の方がご希望下さる保護ワンコの年齢や性格を考慮しながら出来る限り託させて頂いております。
(最近のご時世では40代の働き盛りの方でも急性疾患を発症する事も多いですから。)
高齢者の方の里親ご希望には出来る限り対応させて頂いておりますので安心して里親へ名乗りを上げて下さいね。
当団体はご高齢の方でも、ワンコに癒されワンコを癒しながらのご長寿をお祈りしています。

☆現在、当団体にお迎え入れご希望の保護ワンコが居ない場合・・・
現在、当団体が里親様を募集しているワンコ達の中に、たまたまお迎えを考えていらっしゃる犬種等の子がいない場合、
当団体では1匹でも多くの命をスムーズに幸せへと導いて行く為に、お迎えを検討されている犬種等のご希望をお聞きし、
里親ご希望のワンコを保護した場合にご連絡を差し上げたり、提携している保護団体さんにご希望の子がいる場合は、そちらの団体さんのご紹介を行っています。 お迎えをお考えの子がいない方でご案内をご希望の方は、
このホームページにあります【保護犬のお問い合わせフォーム】からお問い合わせ下さい。
実際に、あらかじめお迎えを検討している事をお伝え下さっている方へはスムーズに保護ワンコを託す事が出来ており、どの子も里親様に愛情を注がれ幸せになっています。
最近、一般家庭からの保護依頼が増えています。その9割が元保護犬です。

保護元の近場に拘り近場の方に譲渡していても、再び飼育放棄をされそうになっているワンコが多い現実を鑑みると
近場の里親ご希望の方にのみの譲渡には拘りは必要ないと考えています。

もちろん早計に判断する事はありませんのでご安心下さい。 当団体は里親様との信頼関係がきちん出来、里親様が保護ワンコの飼い主としての責任感を強く持っていらっしゃれば、全国の方に託させて頂いております。
北は北海道、南は沖縄県まで当団体には責任感の強い素敵な里親様が沢山いらっしゃいます。
ですので譲渡基準を満たされている皆様、是非、保護ワンコの里親希望して下さいね。

譲渡基準は下記の通りです。

必ず全ての項目をご確認の上、里親にご応募ください。
譲渡の際は譲渡契約書に署名捺印いただいております。


1.犬を共に生きる同伴者として衣・食・住、心身の健康全てについて 生涯責任をもって愛育する。
2.譲り受けてから速やかに狂犬病予防接種を行い、市区町村に登録し、 毎年狂犬病予防接種を受ける。
3.迷子になることがないように、散歩等外出する際は首輪・リードを装着する。 ドックランに指定されている場所等以外ではノーリードにしない。
4.散歩・外出の際の尿・糞の処理を適切に行う。 5.適宜、混合ワクチンを接種する。
6.毎年、フィラリア症の検査及び投薬をする。
7.治療中の病気があった場合は継続して治療を行う。
8.譲り受けたのちも、年1回、近況を年賀や暑中見舞い等で知らせて下さる。
9.万が一、飼育が継続できなくなった事情が発生した場合は、必ず 譲渡主に相談。
10.保護犬には保護後に受けている検診では発見出来ない疾患が潜在している可能性 があることを承諾する。
11.譲渡費用 【保護、ケア、医療に掛かった費用の一部負担・当団体一律の譲渡費用です】(高額手術・長期間の治療・加療を受けている子も一律の費用です)として40,000円を支払う。

譲渡費用について
過酷な生活をしていたワンコ達を保護し、幸せへと導く為に素敵な里親様へとワンコを託させて頂くまでには、相応の費用が掛かります。 この項目では、その費用について述べさせて頂きます。
☆保護受け入れに関わる費用
ワンコ達の保護依頼があると原則、車でレスキューに向かいます。保護場所は様々で遠方の場合はガソリン代の他、高速道路料金が掛かる事が殆どです。
☆保護当日に掛かる費用
保護したワンコ達の殆どがケア等をされておらず数か月から数年もの間、ケージの中だけでの生活を余儀なくされていた子達です。身体は糞尿に塗れ、被毛は毛玉がフェルト状になっている事も珍しい事ではありません。
保護する多くの子が重度軽度の差こそありますが皮膚炎を起こしています。 当団体では、保護ワンコ達をそれらの状態から一刻も早く解放する為、保護後は直ちにトリミングサロンさんへ向かい、プロのトリマーさん方々にトリミングと、保護したワンコの皮膚状態に合うシャンプーをして頂き、身体にこびりついている糞尿等を取り除いて頂いています。
(トリミングサロンさんには予め、保護ワンコに付いての連絡を入れておりますのでサロンさんで一般の方のワンコと一緒になる事は御座いません。保護ワンコのシャンプー・トリミング後の殺菌消毒を徹底されている幾つかのサロンさんにお世話になっています。)
トリミング後は動物病院へと搬送し受け入れ時のメディカルチェックを行っています。
※受け入れ時のメディカルチェック ・触診・聴診・検便・検眼・検耳・皮膚検査・耳垢の検査(耳ダニやマラセチアによる疾患を発見する為)
・血液血球検査(炎症や貧血状態を把握する為)・血液生化学検査(肝臓や腎臓等の内臓機能の異常を発見する為)・血液成分検査・フィラリア検査・パルボ検査等を原則の受け入れ時の検診として行っています。
上記検査で獣医師が異常を発見した場合、症状に応じて【皮膚のスクラッチ検査・皮膚片の培養検査・採尿して検尿・超音波検査・X線検査・染色検査・眼圧測定等の精密検査】を行っています。 尚、検便での寄生虫検出がされていない場合でも検便での寄生虫検出率が高くないとの事で念の為、ドロンタールプラスを投与しています。
※メディカルチェック後のケア・治療 保護する殆どのワンコ達にはケアや治療が必要です。耳穴に細菌が繁殖していたり、ダニが寄生していたり、皮膚炎を起こしていたり、脱毛箇所があったり、結膜炎を起こしていたり、目脂が酷かったり・・・
受け入れ時のメディカルチェック後から、それらのケアや治療を開始しています。 【手術を要する疾患には、乳腺腫瘍・臍ヘルニア・鼠径ヘルニア、子宮蓄膿症、結石等が多くみられます】

☆保護後のケアに関わる費用

★耳に疾患や寄生虫寄生がある場合にはウェルメイト等の点耳薬が獣医から処方されますので、点耳薬を使いながら耳穴のケアを行っています。日に2回のケアを行います。 耳のケアに付いては、処方薬の効果を出す為にノルバサンのイヤクリーナー等を併用して使います。
★皮膚に疾患がある場合には獣医さんの判断で飲み薬や塗布薬が処方されます。皮膚疾患が軽度の場合はシャンプーケアを行うように獣医さんからの指示がありますので、その子その子に合ったシャンプー液を使ったシャンプーケアを行っています。【抗菌剤の入ったシャンプーや低刺激のシャンプー等】 シャンプーケアの場合、多い子ですと週に2回のシャンプーを行っています。
皮膚に炎症疾患のあるワンコは痛みや痒み等の苦痛を伴っているケースが殆どですので、痒みや痛み等の苦痛を少しでも取り除く為に、痒みや痛みを抑える効果のあるサプリメントを使用しています。(獣医と相談の上に使用しています。)
その他、保護ワンコ個々に必要なケアを毎日行っています。
皮膚疾患等の酷い子の場合、複数回の通院をして状態を確認して頂いています。

☆予防医療に関わる費用
ワンコには予防医療が必要とされています。 パルボやジステンパー等のウイルス感染を防ぐ為の混合ワクチン接種や、 ノミやダニ等の寄生虫寄生を予防する為のフロントラインプラス滴下、 蚊のいる時期にはフィラリア陽性にならない為に行わなければならないフィラリア駆虫薬の投与等です。 それらの予防医療も確実に行っています。

☆不妊手術に関わる費用
女の子の保護ワンコ場合、殆どが出産の経験のあるワンコです。しかも殆どの子がヒートがあるたびに毎回交配をさせられ出産をしているワンコ達です。 出産を繰り返していると子宮に疾患を発症しやすくなります。保護ワンコの中には保護した時点で子宮蓄膿症を発症している子も少なくありません。子宮蓄膿症を発症している子の場合、手術費用も高額になります。
子宮蓄膿症を放置していると命にも関わる事態となりますので当団体では罹患予防や子宮蓄膿症等の疾患治癒の為の不妊手術を保護後早期に獣医さんに行って頂いています。
複数回の出産をしているワンコの中には腹腔内に臓器癒着があり腹腔内トリミングをして頂く機会も多くあります。
それら全身麻酔下での手術時に歯石の除去やグラついている歯の抜歯、獣医師会が管理しているマイクロチップの装着をして頂いています。
上記の事で必要な費用の他に 保護ワンコに適したご飯代(普通食や療法食等)やトイレシート等のサニタリー用品代も必要です。
もちろん、寒い時期には24時間暖房をフル稼働させていますし、湿度調整の為の加湿除湿等の保護環境の管理も徹底しています。
当団体は酸素室も完備していますので獣医と相談の上、酸素室を稼働させることも珍しくありません。
当団体は、乳腺腫瘍摘出や蓄膿症手術、奇形原因に伴う外科手術、ヘルニア整復手術、眼科手術等の高額手術費用等や、疾患治療の為に高額な検査・投薬治療が必要だったワンコを里親様へ託させて頂く場合でも里親様へのご負担が少しでも軽くなるように配慮させて頂き、譲渡費用は一律とさせて頂いております。
(里親様からのお心付け、一般の方からのご支援金も固くご辞退申し上げております。)

昨年度の会計報告です。
http://totonon.undo.jp/kaikei.html
譲渡される子のほとんどが過酷な環境下で生活していたことをご理解いただける方に 保護ワンコ達を託させていただいております。
尚、保護ワンコを譲渡の際には、動物病院発行の【血液検査の結果表】【フィラリア検査結果】や【ワクチン接種証明書】
【マイクロチップ届け出の書類】、【保護ワンコとの生活に付いてのしおり】を里親様に差し上げております。
譲渡後の躾等に関する相談のお電話も24時間体制でお受け致しておりますのでご安心ください。 当団体には皆様から「ととのんさんは里親さんが決まるのが早いですね」とのお声を良く頂きます。
ホームページや里親募集サイトに掲載する時点で里親様が決まりかけている事も少なくありません。 ただし、それは里親希望された方に直ぐに託す事を決定している訳ではありません。
当団体が保護しているワンコ達の情報拡散にご協力を下さっている温かい方々が沢山いらっしゃるので、 里親募集をすると、ほとんどの子に複数の方々からのご応募があります。 でも、里子である保護ワンコはオンリーワンなので、1組の方にしか託す事が出来ませんよね。
当団体では、ワンコの性格や里親ご希望の方の家族構成・環境・先住ワンコの有無等を考慮して最終的に里親様を決定させて頂いております。
せっかく譲渡基準を満たされていても上記の理由から、
「保護ワンコを幸せにしたい」
「保護ワンコと幸せになりたい」
と思って下さっている方に、ご希望のワンコの譲渡が出来ない場合がありますが、その際はただお断りするのではなく里親ご希望の方が
【どんな子を家族として迎えたいとお考えなのか】 【犬種・性別に拘りを持たれているのか】etc・・・色々なお話をさせて頂いています。 その様なお話をさせて頂きながら他の保護ワンコを迎え入れて下さる事をご希望される方には、 迎えたいとお考えのワンコに当てはまるワンコを保護した場合、 保護した際に、保護時の画像をお送りし面談日を決め、実際に会いに来て頂き触れ合って頂いています。
その様な事はブログやホームページには掲載されませんので、 活動関係者・里親ご希望の方のみぞ知る事ですので保護ワンコに里親様が決まりやすい状況になっているのです。

 


動物保護団体ととのんは 保護犬の予防医療
(混合ワクチン接種・フィラリア抗原検査・フィラリア駆虫薬投与・腸内寄生虫駆除薬投与・ノミダニ駆虫薬滴下)や、
無駄吠えの躾・トイレシートの認識・お留守番の躾<ケージイン・フリー>等を行い、
男性・女性・小さなお子さんにも問題なく接する事が出来る子達のみ里親募集を開始させて頂いております。

(月齢浅い子犬や疾患を抱えている子に於いては例外がある事が御座いますのでその際は個々の募集欄に記載させて頂いております。)

里親ご希望の方は、必ず当ホームページの『譲渡について』のページをお読みになり、
『里親応募フォーム』のページから、里親応募フォームに必要事項を 全て記入し送信お願い致します。
譲渡条件を満たされているご希望者の方には、こちらから折り返しのお電話をさせて頂き、お話を進めさせて頂きます。
保護ワンコとの面談は,『ととのんハウス』にて随時可能です。